© Century21 Hiroshima.
Hotel Century21 Hiroshima Wedding




挙 式  - Ceremony -

ホテルセンチュリー21広島 SKY CHAPEL PRIERE
おふたりにとって、結婚はゴールではなく、スタートなのです。これからの人生を助け合い、信じ合い、共に生きていくことを「誓う場所」。
互いを大切に思う気持ちを皆の前で誓う「はじまりの儀式」。ホテルセンチュリー21広島では、おふたりのしあわせの最初の一歩を何よりも大切に考えています。

式が最も自然に、感動的に行われるように、祝福の気持ちが素直におふたりに届くように。




チャペル

12F 最上階に位置するスカイチャペル 「プリエール」
大理石のヴァージンロードとイタリア直輸入のステンドグラスが特徴。

ナイトチャペルは、また別の表情を見せてくれます。
キャンドルが美しくきらめき、ロマンティックで幻想的な雰囲気に。


プリエールとは、フランス語で「祈り」という意味も。
80名様迄お入りいただけます。

SKY CHAPEL PRIERE のバージンロードが光輝く理由。
ふたりで歩く「道」が輝かしいものでありますように。一点の曇りもないその思いを「大理石」という輝きに託しました。
また、お二人のこれからの「道」の第一歩であるバージンロードをいつもきれいに、すべりにくく光輝くようにしています。



century wedding ceremony





牧師

アメリカ人牧師 キース・エルドリッジ - Keith J.Eldridge -
おふたりはもちろん、ご出席いただいた方にもやさしい気持ちが伝わるキース牧師の結婚式。
一生に一度のセレモニーだからこそ、心に浸みるおだやかな進行を、と考えています。


外国人牧師と男女混声合唱の聖歌隊が、オリジナルの進行表に基づき、
あたたかで和やかな式の演出をお手伝いします。
おふたりのしあわせと、ご出席の方々のしあわせをいのる・・・。そんな思いを込めたチャペルです。



チャペル

ステンドグラス
自然光で輝くステンドグラスは、イタリアから直輸入。
キリストを抱く聖母マリア像は”愛”の象徴で、このチャペルのためだけにオリジナルで
つくられたものです。

雰囲気たっぷりの木製の椅子
おふたりの出発をすぐそばで、愛いっぱいのまなざしで見守る大切な方々がおすわりに
なる木製の椅子です。

聖歌隊
ソプラノ、アルト、テノールが織りなす美しいハーモニーは、迫力と感動の瞬間へ導きます。
また、オルガンの音色やラルゴ独唱は、鳥肌が立つほどに神々しい響き。
「式」を大切にしたいと願うセンチュリーのこだわりです。









神前式

古式ゆかしく 厳かに 日本の伝統を重んじる神前挙式
「ふたりのご縁」が永遠のものでありますように。 その思いも奉られているのです。


吉祥殿 KISSHODEN
5F 吉祥殿は、生の雅楽演奏が最も特徴的な神前式場です。
音の重厚感と音色の美しさに惹かれ、神前挙式を希望するカップルが増えています。

広島市内のホテルでは有数の広さを誇り、50名様迄お入りいただけますので、
「親族だけではなく、ご友人も」という声にも十分お応えすることができます。






控室

控室
神殿との続きの控室があるのは、広島市内ではセンチュリー21広島だけです。
入口と出口を区別しているので、人の流れに無駄がなく、スムーズにご移動いただけます。




雅楽

雅楽の生演奏
雅やかな装束をまとった奏者が奏でる厳かな音色。
奥ゆかしい雰囲気が漂い、厳粛な式の雰囲気を盛り上げます。
生演奏には、当然のことながらテープとは全く違う重厚感があります。
その音色の美しさに惹かれ、神前挙式を希望するカップルが増えています。





玉串  お供え

玉串
常緑樹の小枝に紙の幣をつけ、神前に供えます。
「自分の魂を神の前に捧げる」という意味を持つ、【心の誠】を表す儀式です。


お供え
「しあわせな結婚」が出来ることを願って供えるのではなく、本来は、海の幸や山の幸をお供えすることで、
「一緒になれること」に【感謝の気持ち】を表すためのものです。




お問合せ 資料請求 会場見学予約はこちら
century wedding



PAGE TOP